MENU

IPGが創りたい文化

番組と人をつないで、ココロをもっと豊かにする。

テレビは「オワコン」なのか?
インターネットやVOD需要が台頭してくるなかで、
局所的に「テレビ離れ」が議論されることがあります。
本当にテレビからは魅力がなくなったのでしょうか?
私たちは、まだまだテレビには魅力が溢れていると信じています。

ただ、今までのやり方は通用しなくなってきています。
だからこそ、私たちは時代に合わせたテレビの楽しみ方を追究しています。
テクノロジーの力で新たなユーザー体験を創り出し、再びテレビを面白くする。
そんなアグレッシブで挑戦的な仲間を求めています。

IPGの働く環境

福利厚生・待遇

  • PC・モニタ支給

    PCやモニターは効率化の為に使い慣れたものを会社から支給します。

  • スマホ支給

    営業用や開発のために必要なスマートフォンを会社から支給します。

  • 勉強会参加費の補助

    勉強会やカンファレンスへの参加費を補助します。社内勉強会も行っています。

  • 書籍購入無料

    技術書、営業やビジネスセンスを磨くための書籍の購入費は会社が負担します。

  • ドリンク無料

    コーヒーやお茶、お水は無料です。オフィスグリコもありますよ。

  • 残業は月平均25時間

    仕事とプライベートのメリハリがついた環境です。平均退社時間は19:30。

文化・社風

  • Speak up!

    業務の改善や企画など、職種問わず自分の意見や提案ができる環境です。

  • 新しいチャレンジ

    開発部門はクラウド活用やリーン開発の導入、営業部門では商品開発など新しいチャレンジをし続けています。

  • コラボレーション

    開発も営業も、チームメンバーと協業しながら、共に顧客の満足度の向上や提供できる価値の最大化に取り組みます。

オフィスの雰囲気

  • 新橋・築地・東銀座など複数の駅が利用できるスタイリッシュなオフィスです。
  • エンジニアたちの朝会では笑い声が聞こえてくることも。
  • 職種・ポジション問わず活発に意見が交換される風通しのいい職場です。
  • 周辺ランチ情報が共有がされていて、部門を超えてランチに行くことも。
  • 映画部・カラオケ部など業務外の活動も有志で行っています。
  • 仕事の合間のリフレッシュや、ランチスペースとして休憩スペースが使えます。

IPGの事業展開

IPGの現在のビジネス

IPGは、全国の放送局からリアルタイムでテレビ番組に関する公式情報を収集するとともに、全国の放送局に、(番組画像や番宣動画などの)番組関連コンテンツ登録システムを提供して放送局が登録する番組関連コンテンツと公式番組情報を紐付け、番組情報のリッチ化を行っています。また、IPGは「Gガイド」というブランドで電子番組表(EPG)サービスを企画、開発、運営しています。
「Gガイド」サービスには、テレビ受像機の番組表「Gガイド」や、スマホ番組表アプリ「Gガイドモバイル」、「Yahoo!テレビ.Gガイド」をはじめとしたウェブ番組表サイトなどがあります。

IPGで働く人

応募職種