MENU

シェイク!Vol.7の内容

2016年から定期的に開催しておりますシェイク!ですが、 もちろん今年も定期的な開催を予定しております。

2017年のシェイク!始めは、2月24日(金)開催のVol.7からスタートします。 開催と同じ日に発売される村上春樹氏の新刊が世間では大きな話題となっておりますが、 今回のシェイク!もなかなか話題となりそうな予感がしております。

今回のテーマは「2017年 これからテレビはどうなっていく?」です。 2016年も様々な話題が出ましたが、今年も輪をかけて大きな話題が出てくるかもしれない中、 今年はどうなっていくだろうか。ということをざっくばらんに語っていただきます。

気になる出演者は、AbemaTV編成制作局長の藤井琢倫さん、フジテレビでFOD(フジテレビオンデマンド)の事業執行責任者を務める野村和生さん。 そして角川アスキー総研取締役主席研究員の遠藤諭さんの3名です。

この3名でどんなトークが繰り広げられるのか。 今年どんなことがテレビというメディアに起きそうなのか、それを予見出来る機会になるかも知れません。

さらに、毎回シェイク!のセッション時に展開されるここだけの話は、今回も出るのでしょうか?

どんな“シェイク”が生まれるか、当日をお楽しみに!

開催概要

開催日
2月24日(金)
開催時間
19:15 開場 
19:30 開始 
21:00 終了予定
定員
40名
参加費
前売1500円 当日2000円

※当日のキャンセルは受付けられませんので、予めご了承ください。

申込方法
申込方法参照

出演者

  • 藤井琢倫

    株式会社サイバーエージェント執行役員 株式会社AbemaTV編成制作局長

    1983年生まれ。立教大学を卒業後、サイバーエージェントに入社。 芸能人ブログ、原宿Ameba Studioの立ち上げを担当。 その後「Ameba」のエンターテインメント部門の責任者、広告部門の責任者を経て 株式会社AbemaTVの編成制作局の責任者を務める。



  • 遠藤諭

    角川アスキー総合研究所 取締役主席研究員

    1956年、新潟県長岡市生まれ。1990~2002年まで『月刊アスキー』編集長。現在は、スマートフォン以降のライフスタイルに関して調査・コンサルティング・メディア発信を行っている。角川アスキー総研では、関連領域としてはTwitterのエンタメ関連・リアルタイム全量解析も提供中。雑誌編集のかたわらミリオンセラーとなった『マーフィーの法則』など単行本も手掛ける。アスキー入社前には『東京おとなクラブ』編集長としてコミケ界隈をウロチョロしていた。月1回カレーバーを開店。
    Twitter @hortense667


過去のシェイク!についてはこちら

申込方法

webの場合

PASS MARKETからお申し込みください。

Mailの場合

shake@ipg.jpまでお申し込みください。
{メール申込の場合は、2月24日(金) 開催 シェイク!と明記の上参加希望と記して、 お名前とご連絡先、年代を明記ください}

開催場所

開催場所 株式会社 IPG
〒104-0045 
東京都中央区築地5-4-18 汐留イーストサイドビル6階
電車で
お越しの場合
  • 築地市場駅(都営地下鉄大江戸線 A2出口) 徒歩5分
  • 汐留駅(都営地下鉄大江戸線 9番出口、ゆりかもめ 東出口) 徒歩7分
  • 新橋駅(JR線{山手線・京浜東北線・東海道線・横須賀線} 烏森口・汐留口) 徒歩11分
  • 新橋駅(東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線 都営浅草線1番出口) 徒歩10分
  • 新橋駅(ゆりかもめ 2D出口) 徒歩9分
  • 築地駅(東京メトロ日比谷線 2番出口) 徒歩11分
タクシーで
お越しの場合
東京駅八重洲口より約15分